週末はiPad経由の売上が上昇する〜仏Eコマースレポート

0

仏Criteoは6月24日、モバイルデバイスにおけるEコマース消費者動向レポート「Mobile Flash Report」http://www.criteo.com/en/mobile-flash-report-incremental-marketing-opportunities-advertisersを発表しました。

●流通、旅行、自動車およびクラシファイド広告の合計クリックは、2014年Q1に得られた全モバイルクリックの70%を占め、ウィークデイよりもウィークエンドでの購買行動が活発になる。

●モバイルデバイスのCTRはPCと比べて、多くの業界で高く、例えば、Androidデバイスでの平均CTRはPCと比較しておよそ2倍である。特にタブレット端末は(スマートフォンなどと比較して)高いCTRが得られる。

●OS別に見ると、世界的にはAndroidデバイスがもたらす売り上げの方が大きいが、米国とヨーロッパではiOSデバイスを経由した売り上げが上回る。なお、モバイルデバイスでの平均購入額が最も大きい分野は、ホテルの予約(364.80米ドル)で、後に、レンタカー(209.10米ドル)、アパレル(105.30米ドル)が続く。

●モバイルデバイスはPCの代替用途と補完用途の両方で利用されている。週末はPCによる買い物が減少するが、タブレットやモバイルフォンの利用は増加する。特に、iPad経由の買い物はウィークデイと比較して、週末になると16%も増加する。反対に、PC経由は日曜日になると10%低下する。

●なお、モバイルデバイスでのクリックの90%が北米、APACと西ヨーロッパ地域で発生している。

このレポートは、サイトからダウンロードできるようです。

Share.

Comments are closed.