1. HOME
  2. ブログ
  3. Peatix~手数料ではない収益を考えるチケットサービス。

Peatix~手数料ではない収益を考えるチケットサービス。

ネットや人伝で気になるイベントに参加する時、重宝するのがPeatix
私は、少し前に末広町で開催されたIT系イベントに参加した際に初めて使いました。
スマホでチェックインすれば良いだけで手軽だし、物理的なチケットが必要ないので楽。イベント後も、各種のイベント告知が届いたりするので、好きな人にはありがたいサービスです。

Peatixは「イベント体験を豊かにするイベント管理サービス」というコンセプトを掲げて、チケット販売サービスを運営しているそうです。Peatixはイベント自体の価値を高めるという切り口で「ソーシャル・イベント市場」と自社では呼んでいるとか。

今、CDの売上は下降化が止まりませんが、ライブイベントは盛り上がっているという「リアル希求」傾向のようですが、Peatixは、特にチケット販売すること自体がなかった規模の小さいイベント等もカバー。Peatixを自分で簡単に使えるサービスにして、チケットが存在しなかった市場にチケット販売の文化を作りたい」という考えだそうです。

なので、扱うイベントは多種多様。セミナーやトークショー、ワークショップから音楽ライブを中心に、ワインパーティまで。2014年5月現在の累計チケット販売枚数は約50万枚。開催イベント数は2万件。チケット販売総額は約15億円。チケット販売枚数は昨年対比で350%の伸びだそうです。さらに、当初1注文当たり6%+70円だった手数料を、「自社で主催者となった時に『高い』と感じた」こともあって、2013年2月から1注文当たり2.9%+70円文に値下げしました。一般的にはプレイガイド等では8%から10%が標準らしいなので、かなり安い。でも、この低価格をフックに開催イベント数が急激に伸び始めたいうことです。そうですよね、規模の小さいイベントは収益厳しそうですものね。

手数料収益は半ばあきらめる代わりに、考えられたのがPeatixイベントアドという広告商品の販売。Peatix上にあるイベントにスポンサーをつける商品で、広告主はエリアやジャンル、規模でイベントを検索し、広告を出すことができます。イベント主催者はチケット手数料を支払っても、Peatix側からの広告主によって、うまくいえば広告収入が生まれる訳なので、喜ぶ。喜ぶと、次のイベントPeatixと組む。そういう好循環が生まれて行けばいいですね。

関連記事