iPadを追加のモニター代わりとして使おう

必要な資料がウィンドウの裏の裏に隠れてしまって、たくさんのウィンドウを最小化したり端に除けないと目的の資料にたどり着かない……といったことありませんか?
仕事やプライベートでパソコンを使っていて、画面が狭いなと感じたことは毎日でしょう? もし、あなたがiPadをお持ちなら、そんな悩みが改善されますよ。

Padは、PCのサブディスプレイとして使えます。使用するアプリによって条件は異なりますが、WindowsでもMacでも利用可能です。
近年に発売されたモデルのMacとiPadなら、Sidecarという機能を使ってiPadをサブディスプレイ化できます。

Sidecarが使えるMacとiPadは下記の通りです。

■MacBook Pro(2016年以降に発売されたモデル)
■MacBook(2016年以降に発売されたモデル)
■MacBook Air(2018年以降に発売されたモデル)
■iMac(2017年以降に発売されたモデル)または iMac(Retina 5K、27-inch、Late 2015)
■iMac Pro
■Mac mini(2018年以降に発売されたモデル)
■Mac Pro(2019年に発売されたモデル)
※macOS Catalina以降がインストールされている必要あり

■iPad Pro(全モデル)
■iPad(第6世代)以降
■iPad mini(第5世代)以降
■iPad Air(第3世代)以降
※iPadOS 13以降がインストールされている必要あり

※記事情報は020年12月中旬時点。

関連記事

特集記事

TOP