知ったかぶりの用語解説【アジャイル開発 agile software development】

0

システム開発において素早くかつ適応的にソフトウェア開発を行う開発手法群の総称。非営利組織 Agile Alliance がアジャイルソフトウェア開発手法を推進している。
特徴は、反復 (イテレーション) と呼ばれる短い期間単位を採用することで、リスクを最小化しようとしていること。1つの反復の期間は、プロジェクトごとに異なるが、1週間から4週間くらいであることが多いそう。
開発手法においては、開発対象を多数の小さな機能に分割し、1つの反復 (イテレーション) で1機能を開発する(⇒反復型開発)。これを継続して行い、1つずつ機能を追加開発。 各反復では、それまでに開発した成果物に1つの小さな機能を追加する。 計画、要求分析、設計、実装(コーディング)、テスト、文書化といった、ソフトウェアプロジェクトに要する全ての工程を、1つの反復内で行う。
アジャイル開発手法では、各反復が終了するごとに、機能追加された新しいソフトウェア (ビルド) をリリースすることを目指す。 各反復が終了するごとに、プロジェクトチームは、プロジェクトにおける優先度を評価し直す。
この項は複数にわけて展開します。

Share.

Leave A Reply