知ったかぶりの用語解説【ウォーターフォール開発/waterfall development】

0

システム開発の手順を示す古典的なモデルの一つ。システム全体を一括して管理し、分析・設計・実装・テスト・運用をこの順に行いながら、各工程完了前に、前工程へ逆戻りが起こらないよう、綿密にチェックを実施。瀧を流れ落ちる水のように開発が進んでいくことから名付けられた。しかし、実際の開発作業では頻繁に逆戻りが発生するらしいですけどね。

Share.

Leave A Reply