知ったかぶりの用語解説【リード】

0

(1)リードジェネレーション(見込み顧客の創出)

 個人名の分からない潜在顧客を、展示会、セミナー、ネット広告、Webからの問い合わせなどで、個人名の分かる見込み顧客にする。

 BtoBビジネスの場合は、販売する商品によってターゲットになる市場(業種、部門)が絞られています。ですから、該当する市場の会社名、その会社の担当部門の方の個人情報をいかに競合他社より多く集めるかが重要となります。

(2)リードナーチャリング(案件の創出)

 見込み顧客を継続的にフォローして、自社への関心度合いを上げていく。そのためには、見込み顧客を次にように分類して、それぞれの分類ごとにメールや電話でアプローチします。

●ほとんど関心を示さない方
●メールを見て、Webサイトにときどき訪問する方
●Webサイトへのアクセスが多くなった方

Share.

Leave A Reply