schoo刷新!〜「学部」制度導入で起業や英語など4分野をカリキュラム化

Services

そう遠くないうちに「学習」サービスをまとめて紹介してみたいと思っていました。が、まずは「スクー」のリニューアルの件を。6月2日、オンラインで生放送の授業をストリーミングするリアルタイム動画学習サービス「schoo」をリニューアルし、「学部」制度を導入しました。

「学部」が度運注されることで、カリキュラム化された生放送やこれまでの録画授業を1つの分野でまとめ、その分野に関する知識をひと通り学べるようになるそうです。たとえば、これまでにも起業をテーマにした授業が多く存在していましたが、このカリキュラムをこなすことで、「法律や規約」「資金調達」「メンバーの採用」「ビジネスモデルの構築」といった「起業を検討し始めたときから、シリーズ A の資金調達を完了できる起業家になるまで」に必要なスキルが身につく、というところを目指すとか。

実はこれまで、同社はマネタイズについてあまり明言してこなかった(現状3%程度のユーザーがプレミアム会員だったとは聞いている)そうですが、「現在の学部よりさらに高度なスキルを学べる学部を新設して有料サービスにしたり、広告を導入したりできるのではないか」と検討していくそうです。現在ユーザー数は8万人ほどで、外部の「公認団体」によるコンテンツも含めて、毎月150本程度の授業が提供されているそうです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP