知ったかぶりの用語解説 CGM 【 Consumer Generated Media 】

0

インターネットなどを活用して消費者が内容をつくっていくメディアで、クチコミサイト、Q&Aコミュニティ、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、ブログ、COI(Community Of Interest)サイトなどです。

インターネットの黎明期は、プロのライターさん等が内容を構成していく出版社型の事業モデルが多かったのですが、CGMでは一般の消費者が直接情報を投稿し掲載されます。一般の多数の生活者の声・意見がリアルタイムにかつ膨大に提供・集積されるようになったことで、メーカーやマスメディアでは想定しえない特殊な事例や利害関係に束縛されない自由な意見が情報として集積されるため、メーカーやサービスを提供する企業にとっては商品の良し悪しがそのまま商品の人気に直結する場=経営に大きな影響を与えるものとなっていますね。

Share.

Leave A Reply