ABテスト。

0

ITメディアで面白い記事を見つけました。
KAIZEN platformもそうですが、ABテスト流行ってますね。流行っていると言っていいのかな、活用されてますね、かな。私、あまりよくわかっていないのですが、そもそもABテストとは、「Webサイトへのアクセス数を増やす」など、定めた目的を達成するために実施するものです。たとえば、同じ目的のWebサイトのページをAパターンBパターンの2つ用意します。そして実際にユーザーに使ってもらいながら、アクセス数が多くなるパターンを使うというものです。

この手法が話題になったのは2008年の米大統領選挙でオバマ陣営が選挙用のWebサイトのコンテンツを改善する際にA/Bテストを使い、その結果、1億ドル以上の寄付金を追加で集めることに成功したという話題でした。

その結論として掲載されていたのが以下の3点でした。
・訴求方針が大きく異なる仮説を複数用意する
・小さなテストによって検証する
・パフォーマンスが良かった仮説をウェブ以外に展開する
これが大きく成果が出せるABテストです。

クックパッド執行役員の加藤さんがABテストの方法をスライド公開しているとのことで、それを見ましたが、面白かったので展開します。

まず自社メルマガを活用し複数のテキスト案のコンバージョン率を検証しています。
前提としてウェブサイトで成果を出すための改善ポイントは
・インターフェース
・シナリオ
2つの要素に分けることができます。

インターフェースはウェブの形や色などに該当する要素で、シナリオはユーザに何をどう伝えるのか?という訴求と呼ばれる要素です。

ボタンの色や大きさ、デザインといったインターフェースを対象にしたABテストも甥のですが、
クックパッドは自社のサービスをユーザにどのように伝えれば最も成果が出るのか?というシナリオの検証になっています。ま、これが大事ですよね。

Share.

Comments are closed.