Combinator〜プロジェクト単位で気軽にスタートアップへ参画できる!

0

クラウドソーシングもそうですが、仕事のカタチ、会社のカタチ、働くというカタチが、どんどん変わりますね。既存の会社のあり方にこだわりすぎると、もしかしたら、人財を採用できない時代が来るかもしれません。
Combinatorは、企業に勤めながらも気軽にスタートアップのユニークなプロジェクトやサービスなどへ参画できる新しいプラットフォーム。新しいことを始めたいが、転職は考えていない人材と、低予算・プロジェクト単位で優秀な人材をスピーディーに集めたいスタートアップを結び、大企業などの優秀な人材の流動性を高め、業界の活性化を図るのが狙いとのこと。

同サービスのα版がスタートしたのは3月20日。当初はスタートアップの仲間集めを想定して立ち上げたが、企業に勤務する傍ら、本職の仕事が終わった夜や週末だけプロジェクトに参画するスタイルが増加。プロジェクトがうまく回りだすと、そのまま就職するという事例が生まれ始め、新しいリクルーティングスタイルとしてニーズが高いと判断。正式サービス開始にあたり、スタートアップの仲間集めに限らず、興味のある企業のプロジェクトやサービスに、誰もが気軽にジョインできるサービスへブラッシュアップさせたそうです。

Combinatorは2014年1月設立。2013年11月、MOVIDA JAPANのスタートアッププログラムに採択され、Convertible Notesにより、同社から500万円を調達。代表の清水巧氏は明治大学卒業後、新卒でSansanに入社するも、「早く自分でやりたくなった」と起業を決意し、7カ月で同社を退社。Combinatorを立ち上げたそうです。年内の目標は1000プロジェクト、10万ユーザー。来年度には、東南アジア、欧米へ進出も計画!

Share.

Comments are closed.