1. HOME
  2. Apple
  3. macOSCatalina10.15.5提供。多数のバグ修正だって。
Apple

macOSCatalina10.15.5提供。多数のバグ修正だって。

Apple, Mac

3

先に書きますが、「アップデートでMacが立ち上がらなくなった」などの話は毎度のことなので、アプデのリスクは情報収集した方が良いと思います。

このアップデートでは、以下のよぷな多数のバグ修正が行われたそうです。

・ログイン画面でパスワードを入力できないことがある
・アップデートのインストール後にも“システム環境設定”の通知バッジが消えない
・ビデオ会議アプリの使用後に内蔵カメラを使おうとすると内蔵カメラが検出されないことがある
・Apple T2セキュリティチップを搭載したMacコンピュータで、内蔵スピーカーが“サウンド” 環境設定にサウンド出力デバイスとして表示されないことがある
・Macがスリープ状態のときにiCloudフォトライブラリからメディアファイルをアップロードおよびダウンロードする際の安定性
・RAIDボリュームに大容量のデータを転送するときの安定性
・“アクセシビリティ”環境設定で“視差効果を減らす”設定をオンにしていても、FaceTimeグループ通話でアニメーションの動作速度が遅くならない
・繰り返しの「リマインダー」通知が送信されないことがある

ノート型Macのバッテリー寿命を最大限に延ばすための「バッテリーの状態管理機能」追加し、バッテリーの状態も表示さし、必要な場合はバッテリーの修理サービスを推奨するというらしいですよ、