1. HOME
  2. ブログ
  3. 最近主流のサイトデザインにチャレンジする..つもり。(1)まずはテーマの選択

最近主流のサイトデザインにチャレンジする..つもり。(1)まずはテーマの選択

企業サイトやニュースサイトは、なかなか、従来からのページ構成から大きく変えづらい(=コンテンツの種類も枝葉も多い)ですが、最近よく見かけるのが、1カラムで下スクロールのみのもの。

たとえばこんな感じ
http://trippiece.com/
と言えば、ご理解頂けると思います。

また、若干意味が変わりますが、ランディングページもそういう類いが多いですね。

ことほどさように、サイトにもトレンドがあるようですが、特に1カラムの構成は、立ち上げて間もないとか、
スタートアップ系とかに多いようですね。

また当然、レスポンシブ対応ということも背景にはあるでしょう。これだけスマホやタブレットというサイズ違いのデバイスが普及していれば、PC画面をそのままスマホで見るのは、いくら拡大できると言っても不便きわまりないですものね。

WordPressの場合、無料有料問わず、レスポンシブで1カラムデザインのテーマはたくさんありますし、テーマを無料有料で紹介、販売しているサイトもたくさんあります。

たとえば日本なら、このサイトがいろんなサイトで紹介されています。

テンプレートモンスター
http://www.templatemonster.jp/wordpress.php

この会社の販売しているテーマは良いんですが、ターゲットがセグメントされ過ぎている気がします。
minimalwp
http://minimalwp.com/category/gallery/

海外だと、私が見てるのはここ。かなりの頻度で続々と新作が紹介されています。

envatomarketplaces
http://envatomarketplaces.com/

今、ご覧頂いているサイトのテーマは
株式会社デザイン・プラス

WordPressテーマ
http://design-plus1.com/tcd-w/

サイトの目的に合わせて開発されていて、どれもデザインのクオリティが高いですね。

私が、中でも選んだのはGrider。
これを選んだ理由は、他のテーマに比べて、極論すれば、ただ投稿すれば、それがデザイン性を伴って公開されるという、何と言ってもビギナーには嬉しい、もってこいのテーマだからです。

でも、今回、身内に絡んで、別途にサイトをつくる必要がでてきたので、テーマ選びを進めています。
上記で紹介したさまざまなサイトももちろん見たのですが、

無料系はどうしても、同じようなイメージのものが多いです。これは仕方ない。
有料のはそれぞれ個性があっていいんですが、懐具合と相談になります。
海外のは、カッコいいのも多いのですが、やはり構築して行く際に、言葉がわからないと、不安です。

そんなことを考えながらおりますと、暇にまかせてググっていたら、こういうものに出会いました。

http://digipress.digi-state.com/

デモサイト
http://digipress.digi-state.com/themes/dp8/

これは、海外っぽくて、でも、日本の会社が販売している、もちろん日本語対応のテーマです。
明記されていないのですが(私が見つけられないだけで明記されているかも)、ここで扱っておられるテーマは海外のものを(テーマの権利を買い取って)日本向けに手を加えられているのだと思います。
上記のテーマフォレストでも「独占購入」、つまり買ったら、それ以降、もう同テーマを売らないという(その分、高額ですが)ようなのもあるので、きっとそれではないかと勝手に思っています。

で、これにしようかと…。
その顛末と、そこから始まるであろう悪戦苦闘もきっとご紹介するはずです。

関連記事