増税後の外食費に関する意識の変化 〜 食べログ調べ

0

グルメサイト「食べログ」は、サイトユーザーに、消費増税と外食費に関するアンケート調査を実施。全国から寄せられた11,773名の回答を集計した結果を一部抜粋して紹介しています。

増税後の外食費、約3人に1人が削減に動く〜もっとも減らしたい外食費は「1人での食事」、維持したいのは「大切な人との記念日の外食」 日常の外食費を抑える一方、記念日などの”ハレの日”や、”女子会”の費用はキープされる傾向に
その資料の「調査トピックス」は以下となっています。

◆増税後の外食費*、「少し減らす」「かなり減らす」合計約35%。約3人に1人は削減
増税後の外食費について、「特に変わらない」(64.9%)がもっとも多い回答となる一方、「少し減らす・かなり減らす」といった外食費を減らす意向の回答は約35%となり、約3人に1人は外食費削減に動いているとのこと。

●削減対象は「1人での外食」(65.4%)、「大切な人との普段の外食」(38.4%)など日常的な外食
「1人での外食」(65.4%)「大切な人との普段の外食」(38.4%)「同性の友人との外食・飲み会」(28.7%)など、費用の調整が比較的容易な外食シーンにおいて減らしている模様。

●”外食費削減派“でも、記念日・ “女子会”の外食費は維持・増加の意向あり
外食費を減らす意向の人でも、例外的に費用を維持・増やしている外食シーンについて尋ねたところ、全体では「家族や恋人など、大切な人との記念日の外食」(43.3%)がダントツの結果。男女別でみると、女性は「同性の友人との外食・飲み会」(24.0%)が「記念日の外食」(48.4%)に次ぐ割合となり、”女子会”重視の様子が伺えます。

●ライフスタイルの充実に外食を活用している人ほど外食費を変えていない傾向 増税でも外食費を変えていない人にその理由を尋ねると、「外食が好き」(43.7%)「満足度の高い外食をしたい」
(36.0%)など、食への関心の高さやこだわりを感じさせる回答が上位に。自由回答では「気分転換」「人脈作りや
情報交換」「家族の団らん」といったコメントもあり、外食の時間を単なる食事の時間ではなくライフスタイルの
充実やコミュニケーションの機会として活かしていることがわかりました。

【調査パネル】
調査エリア:全国
調査対象:食べログ ID登録ユーザー
調査方法:メールマガジンによる調査
回答者数:11,773人(男性7,257人、女性4,516人)
調査期間:2014年4月4日~2014年4月7日
調査実施機関:株式会社カカクコム
※四捨五入による端数処理のため、合計が100%にならないことがあります。

■調査結果詳細・グラフPDF:http://prtimes.jp/a/?f=d1455-20140428-2837.pdf

Share.

Comments are closed.