1. HOME
  2. ブログ
  3. WordPressの簡単インストールで注意すること〜WordPressフォーラムで見つけた記事。

WordPressの簡単インストールで注意すること〜WordPressフォーラムで見つけた記事。

このブログで以前に書きましたが、サーバー会社によっては、素人の人にも手軽にWordPressをインストールできるサービスがあります。
私もこのWordPressを使ったブログを始める際には、さくらのレンタルサーバーのスタンダードプランで簡単インストールを使っています。

最近、ちょっと、キッカケがあって、ひとつのWordPressで複数のサイトを運営できるかどうかを調べていたら、WordPressフォーラムである記事を発見しました。
http://ja.forums.wordpress.org/topic/12252

WordPress.orgのフォーラムでマルチサイト機能について相談をしている方がおられたのですが、以下のやりとりが。

「〜さくらのスタンダードプラン使ってますが、○○さんが書かれているのは「クイックインストール」をした場合の話ですよね?自分でインストールすれば、/home/(ユーザー名)/www 直下にWordPressのインストールができ、http://アカウント名.sakura.ne.jp/ で表示できます。
独自ドメインを取得されていないなら、popupさんの書かれた通り、サブディレクトリ方式でマルチサイト化することになります。まずは「クイックインストール」を使わないで、自分でインストールしてみてください。〜」

「〜WordPressを専用ディレクトリに配置した場合、マルチサイト化することは出来ません。〜」

「〜「クイックインストールではなくWordPressをダウンロードして自分でインストールしてみましょう。〜次にインストールができれば、マルチサイトを行ってみてください。書籍を参考にされても良いですし、書籍に書かれている事も大本であるCodexの「ネットワークの作成 – Codex 日本語版」を分かりやすくしただけだと思います。〜以下余談〜レンタルサーバー屋さんが「WordPress簡単インストール」とうたって、インストールやデータベースの設定を簡略化しているサービスを提供していますが、今回のようにオリジナルのWordPressにたいして独自のプラグインやテーマを提供したり、場合によってはコアファイルを改変したりしている場合があります。(なのに、WordPressに関するサポートは行わないで、このフォーラムを紹介する業者すらあります。)
WordPressに取り組みやすく、簡単に始められる反面、コアのアップデートに対しどこまで対応しきれるか分かりませんし、市販されている書籍なども自分でインストールするのが前提となっており、この手の「簡単インストール」を考慮していません。〜個人的にな意見ですが、WordPressをカスタマイズしていく、あるいは書籍等を参考に勉強されるのであれば、「簡単インストール」は使わず、自分でインストールした方が良いと思います。〜」

要するに、マルチサイト化するかどうかは別として、可能なら、自分でFTPでインストールした方が、良いということになります。……ガ〜〜〜〜〜ン!!

関連記事