1. HOME
  2. ブログ
  3. 超初心者、WordPressで既存サイトをリニューアルする-その2/ローカル環境、しかも複数Macでデータ共有する-1〜MAMP+Dropbox

超初心者、WordPressで既存サイトをリニューアルする-その2/ローカル環境、しかも複数Macでデータ共有する-1〜MAMP+Dropbox

 

 

ローカル環境の構築は、前回の手順でできました。

で、取りかかろうと持ったのですが、ふと、悪魔のささやきが…。

実際は、仕事もありますし、土日にやれれば、それでよいのです。お知り合いの方から、別に急かされている訳でもなく、お金を頂く訳でもないので、気軽にやればよい趣味レベルの話しです。でも、もしかして出張中に、空いた時間があって、そこでできれば、いいじゃないか、かなりカッコイイ感じがする…。そんな幼稚なささやきでした。

 

私が公私で扱っている端末はMacBook ProとMac miniの2台です。何とかならないかなぁ〜と、またもやググっていると、あるじゃないですか!

「Dropboxを使った複数台のMacで使える共有環境の構築」ってやつです。今回は、それをご紹介します。

いつも通り、ネットで見つけた参考情報を元にやっていますが、その通りに進めていけば、何とか実現できました。

 

Dropboxは、以前から使っていました。余り知り合いに紹介して容量アップをするのもハバカラレたのと、周りはほぼ、みんな使っていたので、容量は2.4GBです。もちろん無料会員です。WordPress環境構築のためにも、放ったらかしのデータ整理の良い機会として極力データを整理して、約650MBにしました。やれば減るんですね。特に私の業種上、画像データとか、重めのデータがが少ないから、意外にカンタンでした。

Dropboxは主要なOS、そしてスマホからでも使えて便利ですね。また、共有フォルダを指定すれば、複数の人とデータ共有することもできるそうです。ファイルの編集保存が記録されていて、編集前のファイルに戻すこともできるとか。知らなかった〜!

※Dropboxをご利用でない方は、こちらがサイトです。

https://www.dropbox.com

もしかしたら、このリンクからダウンロードを実行したら、私とダウンロードされた方、両方に500MBの容量プラスがあるかもしれませんが、むやみにリンクを押したくない方は、URLを入力してどうぞ。

 

では、Dropboxを使った共有の環境を作る説明をして行きます。先にも書きましたが、参考にさせていただいたサイトの通りに、ほぼ実行しています。それをご紹介させていただきますので、ご了解くださいね。

 

まず、Dropboxを用意

Dropboxをダウンロードなりで用意された後、Dropbox内に「MAMP」というフォルダを作ります。「MAMP」のフォルダ内に「htdocs」「db」という2つのフォルダを作ります。MAMPをダウンロードし、設定します。ダウンロード〜設定に関して拙文ブログ「超初心者、WordPressで既存サイトをリニューアルする-その1/ローカル環境の構築-1MAMP」をご参照ください。

 

ドキュメントルートの設定

それで、MAMPのドキュメントルートと呼ばれるものをDropboxに設定します。

設定の仕方は、MAMPの環境設定を開き、Apacheの「参照」をクリックし、先ほどつくったDropbox内の「MAMP」にある「htdocs」フォルダを選択して「開く」ボタンをクリックして完了します。

 

4.5

 

複数台あるMacのMAMPすべてを、このルート設定にします。これで道筋はできたわけです。でも、これだけでは、どの端末からWordPressを編集しても、いつも最新の状態にはなりません。データベースも共有させる必要があります。

 

その手順を次回紹介します。

 

 

関連記事