1. HOME
  2. ブログ
  3. 超初心者、WordPressでブログを創る!でも、割り切ればカンタンでした。

超初心者、WordPressでブログを創る!でも、割り切ればカンタンでした。

 

さくらのレンタルサーバを使っていて、付属の無料ブログを使っていました。今も、停滞気味ですが、更新は、しています。

でも、テンプレートは選べても、思うようなレイアウトやデザインにならない。コーディングとかDreamweaver®とか技術的なスキルがあれば変えられるけど、それもない。それもないけど、何とかでいないか、と暇なときにググっていたら、WordPressなるものがあることを知りました。

名前だけは知っていましたが、自分には無縁の「技術が必要なツール」だと思っていました。でも、ちょっと調べると、「気に入ったテンプレート」があれば、そのまま使えるじゃないですか。しかも無料のものもネットにいっぱい紹介されているじゃないですか!

で、いっちょ、導入をするか!と、とある土日に、チマチマと取り組む決意をしたわけです。

 

Webでもいろいろと調べましたが、本も一冊購入しました。参考にした本をご紹介します。何冊も買った訳ではないので、他にも良書はたくさんあるのでしょうが、私が購入したのはこの本です。
「いちばんやさしいWordPressの教本ー人気講師が教える本格Webサイトの作り方」
本当にわかりやすかったですよ。

 

それも含めて、私の本ブログを公開するまでのステップを書きます。

1)WordPressを作成するためにはサーバとドメインが必要です
2)サーバは、WordPressをカンタンにインストールできる会社にするのも選択のポイントです
3)WordPressをインストール
4)「WordPress テンプレート」でググったら、無数にリストされるので、お気に入りのテンプレートを選び、インストールする

 

1)WordPressを作成するためにはサーバとドメインが必要です
公開する際に用意すれば良いのだろうと思っている方も多いかもしれませんが、WordPressを作成するためには、事前にサーバが必要なんです。私は、以前から「さくらのレンタルサーバ スタンダードプラン」を契約していました。ちなみに500円で100GBありますから、ヘビーユースしなければ、しばらくは余裕だと思います。
また、公開時には自分だけのドメイン、http://www.以下の名前が必要になります。私はさくらで同時に取得しました。

※後で知ったのですが、「ローカル環境でWordPressを作成できる」のです。ローカルとは、極端に言えば、作成完了までは、サーバの契約をしなくても、お持ちのパソコンの中でWordPressを作成できるということです。これは、別途のシリーズで展開するつもりです。

 

2)サーバは、WordPressをカンタンにインストールできる会社にするのも選択のポイントです
WordPressを導入しようと思う前から、さくらと契約していたので、私の場合は、選ぶも何も、という感じですが、幸いにも、さくらのレンタルサーバは、WordPress簡単インストール機能がありました。本来は「FTP」という仕組みを使って自力でしなきゃいけないようですが、カンタンに越したことはありませんよね。最近は料金もかなり安く、簡単インストールに対応しているサーバ会社も多いようです。これからサーバ会社を選ぶ方は、選択要素のひとつとして考えられたらどうでしょうか。

 

3)4)に関しては、また、後日。

 

 

関連記事