Mac OS10.5.8から10.8.2へ、移行することになった。(その8〜ちょっと番外編の2/Microsoft Office for Mac Entourageにトラブルが…。)

0

〜このシリーズは、以前、別のブログで書いた記事を本サイトに移植したものです。

当時とは変わっている、またはリンク先が変更・消失等している可能性があります。

ご了承ください。〜

 

 

先日、使っているメールソフト
「Microsoft Office for Mac Entourage」で
突然、「データベースがどうのこうの」という表示が出て、
その後「Database Utillity」の画面が立ち上がった。
普段と変わらずに、立ち上げた途端に、だ。

で、検証とか再構築とかを一通りやって、再度立ち上げると、
「今日」「昨日」以前のメールが見事に消えてなくなっていた。
しかし、なぜか2011年から以前のものが復活していた。
復活していたというのは、
バックアップ(メインユーザー.rge)はとっているが、
メールの現行画面では見られない
(メールからは削除している)からだ。
※そもそも仕組みが分かってないなぁ、と思った方も
多いだろう。その通り。まったく、わかっていない。
で、いろいろとやってみて、復旧できた方法を記しておく。

●メールが消えた直後の状態
冒頭で書いたように「検証とか再構築とかを一通り」やって
いたので、書類フォルダ内にある「Microsoft ユーザー データ」
フォルダに「データベース」ファイルがある。

で、
1.書類フォルダ内に作成されている
「Microsoft ユーザー データ」フォルダを
一度取り出してみようと思い、ゴミ箱に入れてみた。
でも、大切なデータのはずなので、消去はしなかった。

2.そうすれば、たぶん、Entourageは、ある意味、
初期状態(インストールしただけの状態)になっている
だろうと楽観的に考えて、起動してみた。
するとその通りだった。メールアドレスなどの
登録画面が出て来た。(ビギナーズラック!)
で、メールアドレス等、必要な情報を入力すると
メール受信の第一報「ようこそ〜」がMicrosoftから
届いた(内蔵?)。
それで、さきほどゴミ箱に入れた
「Microsoft ユーザー データ」から
「データベース」ファイルを取り込もうと思ったが、失敗。

3.書類フォルダを確認したら、
新しい「Microsoft ユーザー データ」が作成されている
ではないか。(当たり前か)ということは…

4.やれることといったら、アプリケーションを終了させる
ことしか思いつかなかったので、終了。

5.そして、新しく創られている「Microsoft ユーザー データ」
フォルダ内の「データベース」ファイルを、
さっきゴミ箱に入れたバックアップの「データベース」と
入れ替えてみた。
6.これでダメならどうしようと思いつつ、Entourageを起動。
すると、復活していた。大成功だった。

くれぐれも、しかも、しつこく書くが、
上記の方法が必ず上手く行くとは限らないことを
お断りしておく。
………相変わらず、格闘は「続く」である。

 

 

Share.

Leave A Reply